偏差値の出し方で入試の合否の可能性がわかる

偏差値の出し方で入試の合否の可能性がわかる

偏差値:偏差値(へんさち、英: standard score)とは、ある数値がサンプルの中でどれくらいの位置にいるかを表した無次元数。平均値が50、標準偏差が10となるように標本変数を規格化したものである。Wikipediaより

 

要するに全体で平均値を50として上下に数値として評価することなんですが、50を超えるってことは結構すごいことなんだと、子供たちが受験になってから知りました。

偏差値とはなに

学校の偏差値は正式には学力偏差値と言います。学校では偏差値偏差値といいますが学力の偏差値のことを言うですね。

 

そしてこの偏差値をもとに高校の入学試験の合格可能性を表すものとしてよく利用されています。平均を50とし、自分の点数から平均と比べどのくらい下、若しくは上かを見ますので生徒さんの中では話題になりやすいのもちょっと困りもの。

 

しかし、テストの難しさやテストを受ける人数に左右される事が少なく自分の実力を知るにはとても便利です。

 

それでは一度でも試験を受けた人は聞いた事がある偏差値、計算方法をちょっと調べてみましょう。

偏差値の計算方法はどうするの?

偏差値=(得点−平均点)÷標準偏差×10+50

 

まずは平均僅差を出すのですが10人でテストした時のその平均が69.9点だったとします。

 

この平均と各点数の差を求めて全て足します。10人の点数から平均点を引いてその差をすべて足します。

 

その数字が例えば-5.684だとすれば

 

-5.684を2乗した3.2311が標準偏差となります。

 

ここでは10人の点数で標準偏差を割り出して見ましたが、センター試験などは受けた生徒全員の点数で標準偏差を出し、偏差値を出します。

 

さてそれでは偏差値を出してみましょう。、自分の点数が80点であれば

 

偏差値=(80-69.9)÷3.2311×10+50=81.258・・・

 

となります。かなり高い偏差値ですね。

偏差値を何に使うのか?

偏差値は自分の実力と志望高校との差を測る秤のようなものです。

 

いわば道具なのです。

 

その道具をうまく使って自分の勉強に生かすことができれば高校に合格することなんてたやすいことなんでしょう。

 

この一喜一憂してしまう数字、偏差値ですが高校入試までに正確な数値を知ろうと思うならば、大規模な模試を受ける必要があります。

 

本当の実力、合格することができる実力があるかを知るためには模試は必ず受けましょう。

偏差値でわかることのまとめ

偏差値は数字にすぎませんが明確な数字であることは事実です。

 

偏差値である程度の合格確率は判断できる。

 

模試を使って偏差値を知ろう

お役だちボタンたち

関連ページ

テスト勉強の仕方を効率的にするだけで〇〇点違うやり方
テスト勉強の仕方を効率的にするだけで〇〇点違うやり方とは?
子供が勉強にやる気を出すと5教科で102点アップしました
子供が勉強にやる気を出すと5教科で102点アップしました。
5教科で102点アップした勉強の仕方
5教科で102点アップした勉強の仕方
5教科で400点が超えた勉強の仕方
5教科で400点が超えた勉強の仕方
子供が勉強にやる気を出し、親子の関係も改善されました。
子供が勉強にやる気を出し、親子の関係も改善されました。
間違いだらけの高校入試の勉強のコツ
間違いだらけの高校入試の勉強のコツ
家庭学習のすすめ
家庭学習のすすめとは?
家庭学習を習慣化にする3つのポイント
家庭学習を習慣化にする3つのポイント
中学生からの家庭学習で変わる受験勉強の仕方
中学生からの家庭学習で変わる受験勉強の仕方
11月から取り組む受験勉強のコツ
11月から取り組む受験勉強のコツ
高校受験の勉強の仕方|やる気が出てて合格してしまった方法
高校受験の勉強の仕方|やる気が出てて合格してしまった方法
高校受験勉強に役立つ国語の仕方
高校受験勉強に役立つ国語の仕方
高校受験勉強で役立つ数学の勉強法とミスの減らし方
高校受験勉強で役立つ数学の勉強法とミスの減らし方
本気で高校受験勉強にやる気を出したら過去最高得点になりました
本気で高校受験勉強にやる気を出したら過去最高得点になりました
高校受験のためにやる気を出して勉強したら3か月で激変しました。
高校受験のためにやる気を出して勉強したら3か月で激変しました。
やる気と勉強量で高校受験勉強は決まる
やる気と勉強量で高校受験勉強は決まる
高校受験勉強で子供がやる気になるには親の過干渉はマイナス
高校受験勉強で子供がやる気になるには親の過干渉はマイナス

TOP 高校入試 受験 勉強 の 仕方 勉強方法