高校選びあってる?親が知っておくべき本当のこととは?

高校選びあってる?親が知っておくべき本当のこととは?

高校 選び

 

普段中学生の子供とよく接するものとして、中三になったときに『どこに進学したいの?』と質問した時によく帰ってくる答えが『まだ決まっていません』ということが多々あります。

 

そもそも、目標となるものがないのに、ただ漠然と勉強したって成績って上がるもんじゃないですよね。

 

スポーツだって、目標があって初めてそれをイメージして練習をするわけですから、ただ練習しただけじゃ強くもなるわけがないんです。

 

ということで、まずはどうやって志望高校を決めていけばいいのかということから、わが子たちの経験をもとにお話ししたいと思います。

高校を選ぶために調べるべき2つのポイント

我が家の息子も前述のように中学三年生になったときに同じ質問をしたのですが、やはりはっきりしませんでした。

 

それで、親の私が代わりに分析して『こうなりたいんだったらこういう高校がいいだろ!』って提示してしまったんですね。今思えば、非常に愚かでしたね。

 

皆さんは決して押し付けないでくださいね。この部分は時間がかかっても『お子さんに考えさせることがすっごく大事』

 

そこで、失敗したと分かった私がしたことは次の2つです。

 

・行きたいと思っている高校の特徴に本当に自分があっているのか?
・学力は合格するラインを上回っているのか?

 

この2つを子供と話し合いました。特に注意したのは最初に書いた『行きたいと思っている高校の特徴に本当に自分があっているのか?』です。

 

なかなか中三くらいだとこの現実的な問題にすらすら答えることなんてできないですよね。そこでやっぱり親の助けが必要になるんです。

本当に行きたい高校との相性はこうやって見つける

高校入試で大切なのは高校との相性です。

 

人でも相性があるように、学校にも相性があります。それは人と接していかなければならない場所に行くのですから当たり前ですよね。

 

ではどうやってその相性を見てみるのでしょうか?

 

一番最適なのはその高校の見学をするということが、一番です。

 

高校は中学と違って、バックブランドが違いすぎるお子さんは集まらず、特徴的なところが特化されてきます。たとえば勉強はそこそこだけど部活動が充実していて、活気がある学校もありますし、勉強がトップクラスだけど個人間の競争が激しくて、ちょっと人間関係に生きずまりそうな雰囲気の高校などさまざまです。

 

そのことをお子さん自身が感じ取って、入学したときに3年間楽しく暮らせるイメージを持てることが大事です。

 

そういったイメージを持てると勉学のほうも向上してきますので不思議です。

現実的に高校を選ぶとこうなる。

行きたいと思っている高校の見学などでやる気になるお子さんが多いですが、見落としがちなのが、通学時間です。

 

大人でも通勤時間は大きなストレスとなりますので、現実問題として入学した後に、通学時間がネックでその後の高校生活がめちゃくちゃになるケースもありますので、そこは親としてじっくり話すところでもあります。

 

それと高校卒業後の進路も大事ですね。

 

高校では推薦で大学進学ができますが、高校によって行先も枠も違ってきますので、高校の進学実績、指定校推薦枠というのを調べておくことも忘れないでしたいですね。

高校は合格できる学力のところを選ぶべき?

志望する高校が決まっても学力が足らないということもあると思います。

 

でも待ってくださいね。高校入試の合格って当日のテスト結果で決まるわけではないのですよ。

 

公立高校入試の合格ラインはどのくらいか?にも書いたのですが、内申書、当日のテストの点数が入学できるかできないかを左右していきます。

 

ですから、今の学力だけでは判断しないでくださいね。

 

今の本当の学力を計りたいとしたら、模擬試験の結果、過去問の正解率などからは簡単に割り出せますが、悪かったからと言って一喜一憂することなく、入試までのスケジュールを進めながら、一つ一つつぶしていくイメージで進めることをお勧めします。

 

第1志望の高校を選ぶだけで満足?

大体の志望高校というのはイメージできたかと思いますが、ここで大事なことを一つ。

 

志望高校は1つだけに絞らずにあくまでグループとして考える!!

 

はい!これメモしてくださいね。

 

うちはお金がないからあまり受けさせられないということもわかりますが、1つの志望校と絶対に受かるけどあまり入りたいと思っていなかった高校を受けるお子さんのモチベーションって…上がりますか?

 

上がらないですよね。

 

これもやってはいけない選択ですね。『志望高校を親が押し付ける』『行きたいと思う高校を受けれない』こんなに悲惨な高校受験はありません。

 

ということで、志望校の『グループ化』をしておけば、お子さんもモチベーションを下げずに勉強を続けられ、合格確率も格段に上がります。

 

高校受験というのはただの勉強の成果を出すところではなく『お子さんが自分の人生をハンドリングする第一歩』です。この大事な一歩を親の都合で決めてしまって、後々頑張れでは無責任すぎます。

 

子育ての最終章と同時に、親と子供で本気で協力してできる初めての体験にもなりますので、ぜひお子さんを全力で応援してあげてください。

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

高校選びに大切なことは

 

行きたいと思っている高校の特徴に本当に自分があっているのか?

 

学力は合格するラインを上回っているのか?

 

高校入試で大切なのは高校との相性

 

通学時間や進学実績も現実問題として大事

 

志望高校は1つだけに絞らずにあくまでグループとして考える!!

 

お子さんが自分の人生をハンドリングする第一歩

 

以上をまとめてみました。

 

この14年間、中学生と接していく中で感じたことと、自分の子供たちの実体験を交えてお話しさせていただきました。

 

高校受験はいつから始めても遅くもありませんが、遅くても大逆転もあります。

 

そのポイントはやっぱり親です。親の全面協力なくしてはありえないことなのでぞれだけはしっかりしましょう。

お役だちボタンたち

関連ページ

高校入試で合格する子がやっている過去問題集の使い方
高校入試で合格する生徒は何が違うのか?過去問題集の使い方を調べてみました。
高校入試日程を調べた後、すぐやるだけで合格確率が変わる3つのこと
高校入試のにっちが決まったら、やるべきことがあります。その中でもこの3つは大事ですよ。合格確立が変わる3つのこと。
公立高校入試の合格ラインはどのくらいか?
公立高校入試の合格ラインはどのくらいか?意外に知られていない合格ラインを調べてみましょう。
高校受験の面接で見られているのは服装や態度じゃなくてこれだった!
高校受験の面接で見られているのは服装や態度じゃなくてこれだった!高校受験の面接を馬鹿にしていませんか?
高校受験に失敗する人に共通する3つの常識と2つの習慣
高校受験に失敗する人に共通する3つの常識と2つの習慣とは?
高校入試に重要な内申点の計算はどうなっているの?
高校入試に重要な内申点の計算はどうなっているの?内申点の計算は大事です。高校入試前に知っておきましょう。
これから高校入試を考える中 3 の勉強 法
中3から高校入試を考えるのは遅すぎる?これから高校入試を考える中 3 の勉強 法
まだ早いなんて言ってられない中 2からの高校入試勉強 法
まだ早いなんて言ってられない中2からの高校入試勉強法とは?
当日になって慌てないための高校の入試問題対策
当日になって慌てないための高校の入試問題対策。高校入試の問題は事前の対策が大事です。
高校入試に成功する親子にはやはり特徴がある
高校入試に成功する親子にはやはり特徴がある。高校入試に成功する特徴とは?
高校受験までのスケジュールとやるべきこと
高校受験までのスケジュールとやるべきこと。高校受験で必要なこととは?
高校受験のためにやっておきたい点数を上げる勉強法

TOP 高校入試 受験 勉強 の 仕方 勉強方法