高校入試日程を調べた後、すぐやるだけで合格確率が変わる3つのこと

高校入試日程を調べた後、すぐやるだけで合格確率が変わる3つのこと

高校,入試,受験,勉強,やる気,公立,高校,受験,日

 

入試を合格して成功させるために忘れてならないのが「高校入試の日程をどのように組むか」ということが大事だっていうことを皆さんご存知ですか?

 

我が家も二人の子供がいますが、初めの子供の時なんてスケジュールなんて言うのはなく、ただただあわただしく年末から入試まで怒涛の如く過ぎたのを覚えています。

 

手探りでやったので本当に大変でもう二度とあのような日々はできれば味わいたくないですね。

 

さて、注意すべきことは、子供が行きたいと思っている第一志望の高校の入試日程がいつなのか?私立、公立の日程は?第二志望の日程はどうなっているのか?という総合的なスケジュールの中で考えることが大切だということなんです。 受験する高校をただ順番に受ければよいのではなく,第一志望合格を勝ち取るためにベストといえる受験日程を組んでいけるようにすることが大切なんだと本当に知りました。

 

皆さんは「高校入試の日程」というものに関してどのように考えているでしょうか。
 1月後半から地域のの私立高校の入試が始まり,2月の10日前後にも私立高校の一般入試,2月中旬に県立高校の入試があるのが一般的な高校入試の日程です。

 

そう考えると入試というのは意外と長丁場で一月の下旬から二月の中旬までに私立だと連日入試試験に行かなければならないということも起こりえます。以外に子供たちは大丈夫だと高をくくっていますが、普段以上に負担がかかるので実力を出し切れないことも多々あるんです。

 

こういったことを踏まえ、親としてやっておいて損がないことは。

 

1、日程スケジュールをしっかり把握。
2、モチベーションを上げる言葉がけ。
3、心からの応援。

 

これ大事ですよー。でもついつい心配しているからって口うるさくなってしまいがちですが、これが一番の子供にとってのストレス。

 

見守ってるよーーー。くらいがちょうどいいらしいです。

 

高校入試までの日程って大事なんで、体調管理,そして心の準備ができる日程を組むようにしてあげることも大事、大事!また,受験のスケジュール表を用意したり,カレンダーに日程を書き込んだりして,常に入試までの残り時間を確認できる環境づくりも大切です。

 

とにもかくにも高校合格するまでは子供も親も大変だってことですね。

 

お役だちボタンたち

関連ページ

高校入試で合格する子がやっている過去問題集の使い方
高校入試で合格する生徒は何が違うのか?過去問題集の使い方を調べてみました。
公立高校入試の合格ラインはどのくらいか?
公立高校入試の合格ラインはどのくらいか?意外に知られていない合格ラインを調べてみましょう。
高校選びあってる?親が知っておくべき本当のこととは?
高校選びあってる?親が知っておくべき本当のこととは?高校選びで大事なこととは?
高校受験の面接で見られているのは服装や態度じゃなくてこれだった!
高校受験の面接で見られているのは服装や態度じゃなくてこれだった!高校受験の面接を馬鹿にしていませんか?
高校受験に失敗する人に共通する3つの常識と2つの習慣
高校受験に失敗する人に共通する3つの常識と2つの習慣とは?
高校入試に重要な内申点の計算はどうなっているの?
高校入試に重要な内申点の計算はどうなっているの?内申点の計算は大事です。高校入試前に知っておきましょう。
これから高校入試を考える中 3 の勉強 法
中3から高校入試を考えるのは遅すぎる?これから高校入試を考える中 3 の勉強 法
まだ早いなんて言ってられない中 2からの高校入試勉強 法
まだ早いなんて言ってられない中2からの高校入試勉強法とは?
当日になって慌てないための高校の入試問題対策
当日になって慌てないための高校の入試問題対策。高校入試の問題は事前の対策が大事です。
高校入試に成功する親子にはやはり特徴がある
高校入試に成功する親子にはやはり特徴がある。高校入試に成功する特徴とは?
高校受験までのスケジュールとやるべきこと
高校受験までのスケジュールとやるべきこと。高校受験で必要なこととは?
高校受験のためにやっておきたい点数を上げる勉強法

TOP 高校入試 受験 勉強 の 仕方 勉強方法